So-net無料ブログ作成
logo.png
1話 空条承太郎!東方仗助に会う2話 東方仗助!アンジェロに会う
3・4・5 話 虹村兄弟その1・2・3   6話 広瀬康一【エコーズ】
7話 間田敏和(サーフィス)    8話・9話 山岸由花子は恋をする。その1・2
10話イタリア料理を食べに行こう 11話12話レッド・ホット・チリ・ペッパーその1・2
13話 やばいものを拾ったス   14話・15話 漫画家のうちへ遊びに行こう
16話 【狩り】ハンティングに行こう!  17話 岸部露伴の冒険
18話 重ちーの収穫  19話 吉良吉影は静かに暮らしたい
20話 杜王町の人々  21話 山岸由花子はシンデレラに憧れる
22話 シア―ハートアタック23話 アトム・ハート・ファザー

ジョジョ4部 6話広瀬康一(エコーズ) [4部感想]

「音だ」と、広瀬君は自分のスタンドは、音をしみこませるスタンドだと
気づき、松尾芭蕉の俳句を思い出します。「岩にしみ入る蝉の声」と。

それで、ちょっと考えてしまったのですが、荒木先生は毎回どうやってスタンドを考え付くのか?

アクト1.jpgエコーズは俳句から思いついたのかなあ、エコーズを描いてから、
俳句に似てるって思ったのかしら。流れで広瀬君のセリフに芭蕉を出したのかな。
それに、作者がこの句に対して、岩に「ミンミン」と書いてあるイメージなのか、

岩にしみいっているのを絵で表現すると「ミンミン」と岩に書く感じになるのか、
どっちなのかも気になるところ(いずれにせよ、俳句表現を絵にするのは至難の業です。)

毎回スタンドの発想がすごいうえに、それをどう使っていくのか、いつも物語が魔法のように出来あがっていて驚きますよね。いろんな風に思いつくんでしょうね、きっと。

私なんかが考えても、わからないことで、それが良いんですけどね。
きっと、ドラえもんの秘密道具を考えるより難しいと思います。

今回は玉美さん登場回です。彼のスタンドも不思議です。心に錠を掛けて、掛けられた錠は罪悪感と比例して大きくなるという。最後は自殺に追い込むという攻撃(?)。
玉美さん、嘘つきですね。嘘つきに勝つのは真実が一番です。
じゃあ真実をどう証明するか。誤解をどうやって解くのかが難しいところです。

人は目にしたものを自分の解釈で見てしまうのだから、仕方ない。
だけど、母と子のつながりは、仕掛けられたごちゃごちゃしたものを超えられました。
広瀬君が、お母さんは「信じてくれると信じた」のが決め手になりました。


広瀬君のお母さんも、最終的には自分を信じたのではないでしょうか。
息子を信じたというより。自分が産んで育てて、毎日見てきた息子です。自信満々の子育てではないにしろ、そこに付け込まれるほど、自信がないわけはない。

玉美さんは「しまった!息子を信じやがった!」と言っていますが、息子を信じる根拠が
あるんだと思います。(どんなお母さんも、息子を信じて欲しいですね。)
普通は信じねー、俺の親なんて絶対に信じねーのによぉ、と驚愕して、玉美さんは

広瀬君のカバン持ちになってしまう。そんなにまで降参した理由は何か、玉美さんは
「母親に信じられている広瀬君」を「信じた」からなのだと思います。
すごいって思ったのかもしれません。

悪行のために嘘を信じさせてきたこの人(玉美)には、真実を信じる意味の深さや
まっすぐな心を、とても貴重に感じたのかもしれません。
玉美さんは、広瀬君に人形の子猫を轢かせました。本当の子猫じゃなかった。
殺傷を演出するために自分を刺したりします。
直接的には他を傷つけることができない人なのでしょうね。

アクト2.jpg

面白かったのが、広瀬君が自分のスタンドに気づいたとき、
マンガの書き文字みたいなのが、玉美さんの頬に張り付いているのを見て、
「わ…笑ってもいいものか…?」と戸惑っている場面。すごく好きでした。
笑いたかったんだろうなって思って。

だんだん、広瀬君がスタンド使いになっていくのが寂しい感じです。
仗助に電話せずに切り抜けたりして、一人前になってきました。



スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
レバレッジで稼ぐ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。