So-net無料ブログ作成
logo.png
1話 空条承太郎!東方仗助に会う2話 東方仗助!アンジェロに会う
3・4・5 話 虹村兄弟その1・2・3   6話 広瀬康一【エコーズ】
7話 間田敏和(サーフィス)    8話・9話 山岸由花子は恋をする。その1・2
10話イタリア料理を食べに行こう 11話12話レッド・ホット・チリ・ペッパーその1・2
13話 やばいものを拾ったス   14話・15話 漫画家のうちへ遊びに行こう
16話 【狩り】ハンティングに行こう!  17話 岸部露伴の冒険
18話 重ちーの収穫  19話 吉良吉影は静かに暮らしたい
20話 杜王町の人々  21話 山岸由花子はシンデレラに憧れる
22話 シア―ハートアタック23話 アトム・ハート・ファザー

吉良吉影は静かに暮らしたい [4部感想]

切り落とした手を恋人代わりに可愛がっている。ぶ、ぶ不気味すぎる。

とうとうここまでの異常者が登場してしまいました。現実にもいそうで、
すごく恐ろしいです。

この異常な人は、それを隠すために、人付き合いを
薄くしている様子・・・

吉良クイーン.jpg
隠したいのなら、「手」を忍ばせて時々出すなんて、
出来ないと思いますが。吉良の異常者ぶりは計り知れません。

ですが、
本人にしてみれば、何事もなく平和に暮らすのが第一のサラリーマンの
つもりなのだから、感覚が麻痺するとこんな風になるのでしょうか。

今回は、前半と後半で明暗がはっきりしています。
前半は吉良の「静かな」暮らしと、重ちーと仗助たちの楽しそうなからみが

描かれています。明暗の明るいほうですね。重ちーが仗助と億泰に弟のように
思われているのが、微笑ましい場面です。(中学生にお金貸してもらってますし)

それを踏まえてからの、「暗」の展開。重ちーと吉良の戦闘シーンに突入します。
あのときサンドイッチの交換がなければ、こんなことにならなかったのに。


バスケットをしていた女子高生が、もっと騒いだら、重ちーはぎりぎり助かった
かもしれない。とか、思いますが、これも運命ですね。(運命を描くのがうまいのです)

私はあまり重ちーを好きではありませんでしたが、爆破されていい気分はしません。
意外と勇敢に吉良に立ち向かって、重ちーは偉かったと思います。
吉良みたいなおじさんに遭遇したら、怖くて何もできないのが普通ですから。

重ちーは、一人で語りだす異常者に、どう攻撃を加えていいものか、様子を見るしかなかった。重ちーには、吉良が何者なのかわからなかったので、仕方ないです。

そうするうちに、あっという間にやられてしまいました。100円玉が爆弾とは皮肉です。

吉良のように、ジョジョの戦闘シーンは、「語り」が多く入りますよね。
主に説明をするためでしょうけど、そのセリフにその人格が現れていて興味深いです。


吉良の言う「心の平穏」は、中学生の重ちーにはわかりにくかったかもしれません。
はやく吉良の頸動脈を切ってしまえば、良かったのになあ。そうすると、違うお話に
なってしまうけど。それに、安易に殺人はできないですから。相手がどんなに怪しくても、
殺すよりは、逃げることを選ぶと思います。

さっきまで一緒に楽しく過ごした仲間が、大変なことに巻き込まれた。
ハーヴェストが潰れるのを見て、事の次第がわからずに慌てる仗助たち。


重ちーを見ていた読者としては、無念なシーンです。
ドアノブの爆破で最後を迎えるなんて。あと少しで助かったのに。

仗助たちはそのことにさえ気づいていなかったのですから。
何か、放り出されたような気持にさせられました。



スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
レバレッジで稼ぐ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。