So-net無料ブログ作成
logo.png
1話 空条承太郎!東方仗助に会う2話 東方仗助!アンジェロに会う
3・4・5 話 虹村兄弟その1・2・3   6話 広瀬康一【エコーズ】
7話 間田敏和(サーフィス)    8話・9話 山岸由花子は恋をする。その1・2
10話イタリア料理を食べに行こう 11話12話レッド・ホット・チリ・ペッパーその1・2
13話 やばいものを拾ったス   14話・15話 漫画家のうちへ遊びに行こう
16話 【狩り】ハンティングに行こう!  17話 岸部露伴の冒険
18話 重ちーの収穫  19話 吉良吉影は静かに暮らしたい
20話 杜王町の人々  21話 山岸由花子はシンデレラに憧れる
22話 シア―ハートアタック23話 アトム・ハート・ファザー

杜夫町の人々 [4部ストーリー]

重ちーはやっぱり助からなかった。叫びながら空に帰っていくのが悲しかったです。
穏やかな様子で吸い込まれるのかと思いましたが、無念です。

王杜王町の人々1.jpg
鈴美は何度もこんな風に、空を見上げたのだとわかりました。
重ちーを見送る鈴美の涙には、色々な意味が詰まっているのだと思います。

億泰も、家に帰りました。仗助も何とも表現しがたい気分を抱えています。

一旦、スタンド使いが揃う、これは何で集合したのでしょう。(億泰のお父さんまで
来ています。玉美さん不参加。)サービスショットという気もしますが。
「これでみんな動き出すってわけか」と露伴が言っているので、作戦会議かな。
ただの、吉良への注意を伝達する集まりだったのかもしれません。


重ちーが亡くなったことも鈴美に確認が取れ、スタンド使いにやられたことが
ほぼ確定したわけです。吉良を捕らえる他に、自分が狙われる可能性も考えて
おかなくてはなりません。

この時点では、まだ誰にも、どうして重ちーがやられたのか、理由が謎な状態だから。読者は知っているのに、彼らに教えてあげられません。
どうなるのか、見守るしかないのです。

帰り際に、吉良とすれ違うのに、誰も気づくことができない。
もどかしくも静かで、不穏な場面です。静かだから、それぞれの気持ちが伝わるような
感じがしました。これからの戦いを予感させる、起動の回でした。

(杜王町は作者の出身地(周辺地域など)がモデルで、今回仗助たちが集合する
オーソン(OWSON)を再現したこともあります。)



スポンサーリンク






タグ:杜王町
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
レバレッジで稼ぐ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。